仿真

高速ラボの対象

テスト機器がない

高速実験室には機器資源があり選択可能

テスト結果に異常がある

信号波形にはオーバーシュート、非単調、バリ、信号タイミングの違い、電源リップルが大きすぎるなどがあり、専門チームが解析します

ga_center_img

テストの仕方がわからない

高速ラボには、テストを支援する専門のテスト チームがあります

機能性試験異常

チップlinkが搭載されていない、誤差率が大きすぎるなど、高速実験室には専門のSIチームが再テスト、位置決め、分析を支援しています。

高速ラボ リソース

専門、経験豊富なチーム:プロのSI分析と長年の測定経験

gb_img1
gb_img1
gb_img1

高速ラボでできること

チャネルの損失が大きすぎると疑われる場合、クロストークが大きすぎると製品機能に異常が生じる場合は、挿入損失/回損/クロストークテスト&分析を提供できます。

gc_img1

高速インターフェイス信号が一貫性要件を満たしているかどうかは不明ですか? 56G PAM4、100GBase-KR4、CAUI4、DDR5、LPDDR5、PCIE5.0の一貫性テストを提供することができます。 ストレステストの問題を解決するために、チップイコライゼーションなどのパラメータに最適な値を見つける必要があり、デバッグテストサービスを提供することができます

gc_img2

引き回し、パッド、ビアのインピーダンスが正しくない疑いがある場合、製品の機能に異常が生じる場合は、インピーダンステスト&解析を提供できます。

チャネル P/N 間の skew が大きすぎると製品機能に異常が生じると思われる場合は、skew テスト&分析を提供できます。

gc_img3

信号品質が悪い、タイミングが悪いと機能異常が疑われる場合は、波形/目視図テスト&分析を提供できます。

電源ノイズが大きすぎて、電圧降下が大きすぎて、タイミングが正しくないとチップが動作しない場合は、電源ノイズ、電圧降下、タイミングテスト&Debugを提供することが出来ます。

gc_img4